So-net無料ブログ作成
検索選択

南雲監修ごぼう茶

冷え性 女性 [冷え性 女性]

冷え性になる女性は多いですが、これには男性と体質的な違いがあると言われています。まず女性は、男性よりも脂肪が多く、筋肉の量が少ないです。女性は妊娠、出産があるので脂肪が多くなりやすいです。妊娠や出産に備えてカロリーを蓄える必要があるからと言われています。


脂肪は一度冷えると温まりにくく、そのため冷えてしまうとなかなか温まりにくくなってしまいます。筋肉は熱を発生させて体温をあげるため重要な働きをしますが、筋肉が少ないと十分に熱が発生されずに体温があがりにくくなってしまいます。


デスクワークをしていて座っている時間がながいとそれだけ血流も悪くなりやすく、熱を持って血液が末端である足先にいきにくくなるので末端冷え性にもなりやすくなります。

女性は食事制限によるダイエットをする方が多く、栄養不足になって筋力が低下しやすいという面もあります。単品ダイエットとかをやっていると必要な栄養素が行き渡らないので筋力が低下してしまいやすいです。冷え性で代謝が悪いとダイエットも成功しにくく、さらに食事制限するという悪循環にもなりやすいです。

女性に冷えが多い理由としてはほかに女性ホルモンの影響もあります。生理のときは女性ホルモンのバランスが乱れやすく、自律神経も乱れやすくなるのでその影響で体温調節機能が低下して体温が上げにくくなってしまいます。妊娠中、産後、更年期は特にホルモンのバランスが乱れやすく冷えが起きやすいといわれています。

ファッションという点でも締め付けが強い服装が好まれることが多く、露出が多いものを着ていて、冷えやすくなっているということもあります。重ね着をしてしまうと太って見えてしまうということで寒くてもあんまり着ない女性もいますし、そうした薄着ファッションが冷えの原因になってる場合もあります。

女性は男性よりも冷えになりやすいので生活習慣に気をつけて身体を冷やさないように気をつけて生活していきたいですね。

タグ:冷え性 女性
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

冷え性 原因 [冷え性 原因]

身体が冷える原因は生活習慣にあることが多いです。生活習慣に問題があると冷えやすい体質になってしまい身体の不調を引き起こしやすくします。冷えているからといって外から温めてばかりいると、身体の内側から熱を発生させにくくなってしまうので注意が必要です。

次のような生活習慣があると冷えを引き起こしやすくしますので気をつけましょう。

・偏った食生活
ダイエットをしていたり、栄養が偏っていると血流が悪化しやすく、冷えを引き起こしやすくします。肉食中心で油っこい食事やカロリーが高い食事をしている場合、血液がどろどろになりやすく、血の巡りが悪くなってしまいます。そうすると熱をもった血液が身体に回りにくくなり、温まりにくくなってしまいます。

ぱん、ごはん、パスタなど炭水化物をとりすぎる場合も血流の悪化を起こしやすくしますので注意が必要です。また、合成甘味料や添加物が含まれてた食品も血液の流れを悪くします。化学調味料などは身体を冷やしやすいのでなるべく控えることが大事です。

ストレス
過剰なストレスは自律神経を乱し、体温調節機能がおかしくなり身体を冷やしやすくします。ストレスは血管の収縮も引き起こしますので血の巡りも悪くなり末端も冷えやすくなってしまいます。

ストレスは内蔵にも影響がでやすく、胃腸に悪影響を及ぼして機能低下を招きます。冷えのよって身体の不調が引き起こされてそのストレスがさらに冷えを生み出すという悪循環にもなりやすいです。冷えによってふさぎこみやすくなると運動不足にもなりやすいですし、活動量が減ってしまうので血流も悪化してしまいやすいので注意が必要です。

・運動不足
慢性的な運動不足になっている方は多いのではないでしょうか。運動不足による筋肉の低下と血流の悪化は冷えに直結しやすいです。女性の冷えが多いのは筋肉不足といわれていますし、しっかりと運動して筋肉をつけることが冷えの改善に最適です。デスクワークが多いととくに下半身の筋肉が低下して血流が悪化しやすくなるので頻繁に動いて足腰を鍛えるようにしましょう。


食生活、ストレス、運動、この3点に気をつければだいぶ冷えも改善しやすくなるはずです。生活習慣を見直して冷えない身体を作っていきましょう。

タグ:冷え性 原因
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

男 冷え性 [男 冷え性]

冷え性は女性が圧倒的に多いですが、最近は男性のなかにも冷え性に悩まされている方が増えているようです。体質的に女性よりも筋肉の量が多く、生理もないので冷え性にはなりにくいですが、運動不足ストレスが原因で冷えてしまう方が多いようです。


男性の場合、隠れ冷え性といって自覚がない冷えというのも多いです。特に冷えてるとは思っていないので冷たい飲み物や食べ物を食べすぎて内蔵を冷やしてしまったりしている場合もあります。会社の付き合いで冷たいビールを一気に飲んだりしていると身体を冷やしてしまっている可能性もあるので注意が必要です。


ほかにも運動不足による冷えも多いようです。便利な世の中になったのでついつい怠けがちになり、あんまり外にでなくなったり、日常的に運動することが少なくなって筋肉が少なくなり熱が生み出しにくくなっている可能性があります。


慢性的な運動不足は血行の悪化も起こしますし、ドロドロの血液で血の巡りが悪くなると熱をもった血液が身体に行き渡らずに温まりにくくなってしまいます。


冷え性の改善のためには運動をしっかりすることが大事です。特に下半身は筋肉量が多いですし、足腰を鍛えることのメリットは大きいです。スクワットやウォーキングをしたりするのもいいですし、通勤の際に1駅分あるいたり、エスカレーターを使っていたのを階段を使うようにするだけでも違ってくるはずです。

ウォーキングや筋トレで体力がつけば自信にもなりますし、仕事もうまくいきやすくなるはずです。いきなり過度な運動をすると筋肉痛になってしまうので徐々に運動量を増やしていきましょう。いきなりジムとかに通うよりは少し自分のペースで運動をはじめてみて大丈夫であればジムに通ったほうがいいです。いきなりジムに行こうとすると挫折しやすいので気をつけましょう。

タグ:冷え性
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

甘酒 冷え性 [甘酒 冷え性]

冷え性には甘酒がいいとテレビ番組でも紹介されていました。林修先生の番組で特集されたことで注目を集めています。甘酒は飲む点滴ともいわれていて栄養素が豊富で昔は夏バテ防止に飲まれていたそうです。


甘酒は米麹や酒粕を発酵させた飲料であり、善玉菌を増やして腸内環境の改善にも効果が期待できるそうです。ブドウ糖やアミノ酸、ビタミンB群、葉酸、食物繊維、オリゴ糖といった健康美容にいい成分が豊富に含まれていて、血流改善になったり、腸内環境の改善、疲労回復などいろんな効果が期待できます。


ブドウ糖は体温を保つのに役立つ栄養素ですし、アミノ酸は筋肉をつくるのに不可欠な栄養素です。食物繊維やオリゴ糖は便秘の解消の効果も期待できます。便秘になっていると冷え性になりやすいですし、冷えが便秘を引き起こしやすくしますので便秘の予防という点でもすぐれています。米麹で作られたほうが栄養価が高いものが多いですが、値段は高くなりやすいです。


甘酒はいつ飲むのがいいかですが、朝飲んだほうがいいという意見も多いです。エネルギーのチャージになりますし、基礎代謝もあがって活動しやすくなるという意見があります。


豆乳や牛乳で割って飲むと飲みやすいです。女優の永作博美さんも毎日豆乳甘酒を飲んでいるそうです。永作博美さんは肌がキレイですが、美の秘訣はこうの豆乳甘酒にあるのかもしれませんね。

タグ:冷え性 甘酒
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

冷え性 サプリ [冷え性 サプリ]

冷え性に効果のあるサプリ
女性に多い冷え性ですが、女性以外にも高齢者子ども、男性など多くの方が冷え性に悩んでいるということでサプリも様々な商品が登場しています。いろんなメーカーが工夫をこらした冷え性対策サプリを開発していて種類も豊富なのでどれを選ぶのがいいか迷うことも多いのではないでしょうか。

冷え性対策のサプリは大きく分けると一時的に身体を温める作用があるものと飲み続けることで血流を改善して冷えを改善してくれるものがあります。すぐに温まりたい場合には、即効性のあるものがいいですが、根本的な解決をするためには血流を改善するものを選んだほうが効果的です。

サプリを選ぶ際には成分をしっかり確認しましょう。しょうが、高麗人参、柑橘類が使われていることが多いですが、どういった成分がどう作用して血流の改善に効果があるのかなどチェックするのが大事です。

また、そうした身体にいい成分がどのくらい含まれているのかも大事になってきます。いくら冷えに効果がある成分でも量が少ないと効果が期待できませんし、意味がありません。

血流改善のための栄養素が豊富で無添加のものを選ぶのが安心です。あんまり高額なサプリを選んでしまうと続けるのが大変なので注意が必要です。自分のお財布と相談して無理のない範囲のサプリを選びましょう。

最近は初回限定で安くなっているサプリも多いのでこうしたものを選ぶのもいいと思います。ただ、こうしたキャンペーンをやっているものは定期購入が条件だったりしますので注文の前にしっかり確認しておきましょう。小さい字で不利になるような文言が書かれていてトラブルになるケースも増えているようなので気をつけたいですね。

冷え性の改善には運動や食生活が大事なのでサプリはあくまでも補助的なものと考えるようにしましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

冷え性とは [冷え性とは]

冷え性とはどんなもの


冷え性は身体の一部や全体が温まりにくく、冷えを自覚している症状と言われています。冷え症ではなく、冷え性と記載されることが多く、西洋医学的には病気ではないと判断されています。

漢方では病気でも健康でもない未病と言われる状態とされていて、万病を引き起こしやすい状態で治療の対象とされています。冷えを放置することで頭痛や肩こり、腰痛便秘、自立神経失調症などを起こしやすくなります。

体温が1度低下することで免疫も30%落ちると言われていますし、花粉症やウィルスに感染しやすく、風邪も引きやすくなると言われています。

冷え性は女性に多いですが、最近は男性の冷えも増えています。原因としては食生活の乱れや慢性的な運動不足、ストレスなどが影響していると言われています。

しかも最近は自覚がない冷え「隠れ冷え性」というのもあります。自分で自覚がない内に身体が冷えていて、様々な不調を起こしている可能性があります。冷えているとは気づかずに冷たい飲み物を飲み続けて内蔵を冷やして締まっている場合もあります。

自覚症状がないので無意識に冷えを助長するような行動をしてしまっていて体調を悪くしやすいので注意が必要です。

冷え性になっている方は生活に問題があるケースが多いのでまずは生活を見直す必要があります。温かいグッズで外から温めるのも有効ですが、それだと根本的な解決にはなりません。運動と血流の改善が特に大事なのがまずは運動を生活に取り入れていきましょう。ウォーキングやジョギング、筋トレをして筋肉をつけていきましょう。

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s.jpg

タグ:冷え性とは
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

冷え性改善 グッズ [冷え性改善 グッズ]

冷え性に効果的なグッズ】
冷えに悩む女性が多いということで冷え対策グッズはいろんなものが発売されていますね。特に人気があるのはすぐに効果がでてあ温まるグッズです。冷えている状態はツライのですぐに改善したいという方がグッズを活用しています。

足の冷えがツライということで冷え取り靴下が人気です。すぐにポカポカと温まって効果を実感できるということで多くの方に愛用されています。





保湿性と吸湿性が高いシルク素材のものが特に人気です。足首を冷やさないことが大事と言われていますのでこうしたグッズを活用して温めるのは有効です。

カイロとか湯たんぽも温めるには効果的なグッズです。湯たんぽもいろんなグッズがでていて、使いやすい経済的なものも多いのでこうしたものを活用すると夜あったかく眠れることができるはずです。


冷え性のグッズはいろいろありますが、あんまりグッズに頼りすぎないほうがいいとも言われています。外から温めすぎると身体のなかから熱がでにくくなり冷えを改善できなくなってしまうと言われています。

根本的に冷えを改善するためにも運動を取り入れたり、生活習慣を見直すことを同時に進めていったほうが冷えの解消につながるはずです。。いろんなグッズをあれこれと試している方は運動して血流を改善して筋肉をつけて根本的に冷えを解消するように改めていったほうがいいかもしれませんね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

冷え性対策 [冷え性対策]

冷え性の効果的な対策


身体が冷えやすいのは体質の影響もありますが、生活習慣に問題がある場合も多いです。そのため、生活習慣を改善すれば冷えにくい体質になることができます。冷えの原因を把握して規則正しい生活をすることが大事です。

ストレスが原因の冷え
冷えの原因としてはストレスの影響も大きいと言われています。適度なストレスは問題ないですが、過度なストレスがあると自律神経が乱れてしまい体温調節機能が低下して冷えを起こしやすくします。

ストレスは自分でも気がつかない内に蓄積しているケースもあります。日頃のちょっとしたストレスの積み重ねによって自律神経の不調を起こすこともありますので意識的にストレスを解消して溜め込まないことが大事です。

ストレスや疲労が溜まることでやる気がなくなり、活動量も落ちてしまい、引きこもりがちになると運動不足にもなりやすいです。運動不足になれば熱を発生させる筋肉が低下していき、余計に冷えやすくなるという悪循環にもなりやすいです。

ストレスの原因を完全に断つのは難しいので溜め込まないように趣味やリフレッシュできる時間を作ってこまめに発散していきましょう。身体を動かす趣味は自律神経が安定してストレスの解消効果も高いのでオススメです。公園とかをウォーキングしてみるのも良いかもしれませんね。

・食生活が原因の冷え
無理なダイエットをしていたり、偏った食生活をしていると血流が悪くなって冷えを起こしやすくします。単品ダイエットとか身体を壊しやすいですし、栄養不足で筋肉を低下させやすくしますので注意が必要です。

また、冷たい飲み物や身体を冷やす食材を食べすぎてる場合もありますので気をつけましょう。アイスや甘いものの食べ過ぎも身体を冷やしますのでほどほどにしておきましょう。緑黄色野菜や和食の食材などは身体を温めるものを多いのでこうした食材を積極的に摂取するのも大事です。バランスのいい食事で血流を改善することが冷えの解消にもつながるはずです。

・運動不足が原因の冷え
運動不足で筋力が低下すると冷えがひどくなりやすいので運動で筋肉をつけるのが大事です。アスリートに冷え性は少ないと言われていますが、これはしっかりとした筋肉を付けてるからと言われています。

筋トレするとゴツくなりそうと考える女性もいますが、ちょっと筋トレしたくらいでは見た目にほとんど変化はないですし、そんなムキムキになるほど簡単に筋肉はつかないので安心してください。

ウォーキングやスクワット、ストレッチ、ヨガなどいろいろ方法はあると思いますの自分ができる方法からはじめていきましょう。運動は継続が大事なので少しずつでも毎日続けていきましょう。


cfbecd800e7f7bea8d396861d2defa78_s.jpg


タグ:冷え性 対策
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

末端冷え性 [末端冷え性]

末端冷え性の原因と対策


手先や足の先が冷たくなる末端冷え性はツライもので夜になると足が冷えすぎて眠りにくくなったり、日常生活にも問題がでてきてしまうこともあります。

手先や足の先という身体の末端部分はもともと冷えやすい部分です。血行が悪くなることで身体の先まで熱をもった血液が流れにくくなって冷えやすくなります。

内臓が冷えると機能が低下しやすく、血液はそうした重要な部分に優先的に流れていくので末端には流れにくく冷えやすくなります。足先が窮屈になるヒールやつま先が狭い靴を日常的に履いていたりすると血行が悪くなって余計に冷えやすくなります。

食生活が偏っていて油っこいものや甘いもの、添加物や保存料が多い、インスタント食品ファーストフードを頻繁に食べていると血液がドロドロンになりやすく血行が悪くなって冷えを引き起こしやすくします。

運動不足も血流を悪化させる原因で仕事上デスクワークが多いと末端冷え性になりやすいです。ずっと座っていると足の血流も悪くなって熱をもった血が流れにくくなるのでいつまでたっても暖かくなりにくいです。

対策としては血流を改善させるために足を動かすことと、食生活を改善して血液をサラサラにすることが大事です。また、熱を発生させるために筋肉をつけるのも有効です。

ふくらはぎは第二の心臓とも言われているのでこの部分を意識して鍛えると足の冷えも改善しやすいです。つま先立ちを繰り返すカーフレイズという運動も効果的です。

筋トレは最初から無理すると怪我につながりますのでまずは無理のない範囲ではじめていきましょう。ウォーキングは怪我のリスクもすくないですし、手軽にできるのでおすすめです。

寝る前にストレッチをしたりして身体を動かすのもいいと思います。冷え性だと不眠になりやすいですが、寝る直前に身体を温めることで眠りのスイッチが入りやすく不眠も改善しやすくなります。

少しずつできることからはじめて冷えを改善させていきましょう。


d2b4be9ea8265da675ef65c82db53384_s.jpg

タグ:末端冷え性
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

冷え性改善 [冷え性改善]

冷え性の改善方法


冷え性を改善するための方法はいろいろありますが、運動をするのが確実な方法と言えます。女性に冷え性が多いのは筋肉不足が影響していると言われています。

熱をつくる筋肉が少ないと体温が上昇しにくく、冷え安くなってしまいます。女性は男性よりも脂肪が多いですが、脂肪は一度冷たくなると温まりにくいという特徴があります。脂肪を減らして筋肉を増やすいことで体温が上がりやすくなります。

慢性的に運動不足になっていると筋肉が少なくなるだけではなく、血行も悪くなってしまいます。心臓の機能が低下すると血を送り出すポンプ機能も低下してしまい、全身の血の巡りが悪くなり、身体の末端である手先や足先に血が巡らずに冷えやすくなってしまいます。

身体に熱を発生させるためにもその熱を身体の隅々まで届けるためにも運動によって筋肉をつけて、血流を改善するのは大事だといえます。

運動の強度はそれほど強くなくても大丈夫で、ウォーキングやジョギング、スクワットなどをするだけでだいぶ違ってくるはずです。足の筋肉は上半身より多いので効果的に筋肉量を増やすことができます。

とくにふくらはぎは第二の心臓と言われていますし、ここを鍛えることで血液の循環がよくなります。つま先立ち運動やかかと立ち運動など自宅で手軽にできる運動もありますのでこうしたものを取り入れるとふくらはぎの筋肉がついて冷えも解消しやすくなるはずです。

ふくらはぎは回復が早い筋肉といわれていて筋肉痛にはなりにくいですが、無理にやると怪我する可能性もありますので最初は強度を弱くして、すこしづつ回数を増やすなどして鍛えるようにしましょう。

ウォーキングも全身の筋肉を鍛える運動になりますし、心肺機能の向上にもなりますのでオススメです。ウォーキングなどで身体を動かすと自律神経が安定してストレスの解消になりますし、リフレッシュ効果も期待できます。

ストレスが冷えをひどくしている場合もありますので身体を動かしてリフレッシュしましょう。


4cad10e884e7ad871bf0c0066be18bc9_s.jpg


タグ:冷え性 改善
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。